アレクサンダーテクニック with マスダ J. 逸子 ⭐️

歯を治す前に、姿勢を学べ。

大渋滞で悪名高きロサンゼルスのフリーウェイ405を走るときは、「大竹まことのゴールデンラジオ」をポッドキャストで聞いています。これとFacebookがほぼほぼ私の日本の情報源(少なっ!)。   先日のトークで、パートナーの光浦靖子さんが「歯並びを治さないと、歯の噛み合わせも悪くなるし、顔が歪んでくる」って話をしてました。 思わず、車の中で「いやいやいやいや、、、その前にやらなきゃいけない...

機内でも、首を自由に。

ロサンゼルスー羽田の夜行便で東京に向かうというのに、ネックピローを忘れてきました。ネックピローなしのエコノミー席、長距離フライトは久し振りなので、不安がいっぱい。それほど、私はネックピロー信者なんです。 ”腰痛持ち”だった頃は、飛行機に乗るたびに、腰痛がひどくなってました。もう100%。   その頃は、自分のことをまるで”腰痛持ち”という持病でも抱えているかのように思っていました。実際に...

東京ワークショップ 〜肩こり・腰痛を根本解決するための実践ワーク〜

治療をしても、エクササイズをやっても、マッサージを受けても解決しなかった痛みの根本的な原因に迫ります。私たちの多くは、無意識のうちに習慣の奴隷になっています。どんな習慣が、自分を痛めつけているのか。思考の癖、体の使い方の思い込みなど、心と体の関係を観察しながら、余計なことをやめる練習をしていきます。体の硬い人も楽々できる最も効果的なストレッチ法も初公開! 2018年4月7日(土)10:30 &#8...

レッスンのギフトカード

アレクサンダーテクニックの1時間プライベートレッスンを、大切な方にプレゼントしませんか?もちろん、自分へのプレゼントでも! レッスンの場所は南カリフォルニアのロザンゼルス及びオレンジ・カウンティです。 通常70ドルのところ、12/23/17までにお申し込み/お支払いをいただきますと、50ドルの特別価格でお求めいただけます。レッスンの有効期限は6/30/18です。 アレクサンダーテクニックは、下記の...

自分のより良い使い方集中プライベートレッスンー2017年12月6日/8日 in 東京

自分のより良い使い方プライベートレッスン 10枠限定*(一人2枠まで)新年を迎える前に、自分の身体、思考、感情の癖を洗い直して見ませんか? 学生から80代の方まで様々な人たちとワークをし、色々なケーススタディを持つマスダが、じっくりと一人一人と向き合い、問題解決のお手伝いをします。 *11/7現在、5枠になっております。 レッスンでは、下記の内容が含まれます。 1)身体の使い方診断 どのように自分...

チビのミイの気分

”チビのミイ”に、はまっています。 小さい頃欠かさずに見ていた「ムーミン」だったのに、実は話の内容はほとんど覚えてない。のほほんとした幻想的なストーリーの中で、一人、小さなミイだけが、暴れたり怒ったりして、一番リアルな存在だったような。   はまったキッカケは、私がミイに似ていると、夫がいい始めたこと。   そして、フィンランドに出張で立ち寄ると必ずミイのお土産を買って来てくれ...

持続可能という意識

私の最近のお気に入りのブランドは、カリフォルニア生まれのAmour Vert 。フランス語でグリーン・ラブという意味です。   ネットでオーダーしたら、パッケージの中にメッセージ・カードが入っていました。   いつこ、ご注文ありがとう!ファッションを通して、私たちは一緒に世界をもう少しグリーンにできますね。 ハグ&キッス エリック   こんなことされちゃうと、もうコロ...

え。もう2018年!

日本ではこれから夏休み、夏本番というところでしょうが、カリフォルニアでは、学校が5月下旬に終わってしまうところが多いので、今はすでに夏の後半戦という感じなのです。   そして、8月下旬から9月の頭にかけて新年度が始まるため、カレンダーや手帳もこの時期が買い替えの時期。私も昨日、毎年使っている手帳を買いに行きました。はい、めっちゃアナログです(笑)。   スマートフォンでスケジュ...

コミュニケーションのゆくえ

コミュニケーションをとるのに必要なのは言葉ですが、言葉だけではなく、トーン(調子)やボディ・ランゲージもとても重要な役割を果たしています。 「なんだって?」 上の言葉を声に出して言ってみてください。 どんなトーンで言いましたか? 怒った調子?笑いながら?驚いたように? トーンによって、同じ言葉でも相手の反応は変わってきますよね。だから、現代のようなテキスト文化では、絵文字がトーンの代わりとして大活...

フォーエバーヤング

人生100年時代。 50歳でもまだまだその倍生きることになるわけだから、後半戦をどう生きるかというのは今後の大きな課題ですね。   最近私のところに来ている生徒さんは78歳。女医さんで、フルタイムではないけどまだ現役。顔には皺もほとんどなくて、驚異の美人。   「あなたって本当に78歳にはとても見えないくら肌もツルツル。綺麗ね〜」ともう少しで声に出してしまいそうな言葉を飲み込ん...