3)頭から動いて、体はついていく。

IMG_5302

3)頭から動いて、体はついていく

 

ちょっと右を見てみてください。次に左の方を見てみてください。今度は、どんな風に頭が動いているか意識してやってみてください。首や肩の緊張、頭の重さなどなどを感じながら、自分がどんな風に頭を回しているのか、興味を持ってやってみてくださいね。正しいとか間違っているということはありません。

次に、目を使ってゆっくりと景色を見ながら右を見てください。同じように左を見てください。

1、2回目と3回目の今となにか違いがありましたか?

1、2回目は“頭を動かしました”よね。3回目は目が動いたので自然と“頭が動いてしまった”のではありませんか? カラダはどうでしたか?3回目の時は、カラダも自然とねじれていきませんでしたか?

私たち人間を含む脊椎動物はみんな、目で追う方に頭が動き、それが脊椎に伝わり、カラダ全体がついていくようにデザインされています。

たとえば、野生のチーター。美しく走っている姿を写真などで見たことがあると思いますが、カラダが先に動いてしまって、頭が後からついていく、なんてことは絶対にないのです。獲物を目で追い、頭がリードし、カラダ全体がしなやかに動き、四肢が自由にのびのびと大地を蹴ります。

私たち人間も、赤ちゃんを見るとそれが顕著です。興味のある方向に目で追い、それに伴い頭が動いて、やがて寝返りをうつようになります。カラダを動かして寝返りをうっているのではなく、頭が動いてねじれながらカラダが動いてしまっているのです。

なのに、大人になった私たちはそれをまるですっかり忘れてしまったかのような動きをします。

子供の運動会の親の部で、一生懸命走って 転んでいる人が時々いますよね。「気持ちだけ先に行ってしまって、カラダがついていかなかったよ〜てへへっ」なんて言ったりしています。実は、カラダがついていかなかったのではなくて、カラダが先に行ってしまって、頭が置いてきぼりになり、顎を突き出したような動きになっていることが多いのです。それはどういうことを意味するかというと、ブレーキです。乗馬をしたことがある人ならわかると思いますが、馬を止めたい時は手綱をぐっと引いて、馬の頭を引っ張ります。 頭を引っ張ると、頭が脊椎に押し下げられ、動けなくなります。お母さん、お父さん、ブレーキをかけながら走っているのですから、カラダはしなやかどころかガチガチ、足の動きも制限され、もつれてしまうのは当然ですね。(はーい、私のことです。)

さて、最初にやった実験を思い出してみてください。[頭を動かした時]と、[頭が動いてしまった時]で、動きはどう違いましたか?頭が動いてしまった時の方が、軽やかではありませんでしたか?そして、カラダも自然とついていったはずです。ここが一番大切なところです。「動かそう」と意識してカラダの部分に力をいれる代わりに、首の緊張を解いて「動いてしまう」状態に持っていくことで、私たちのカラダ全体は、より大きな自由を手にいれることができるのです。

 

*********

【カラダ取扱説明書】人間のカラダは、すべてのパーツが効果的に機能しながら、全体が調和されて動くよう精密に製造されております。末長く、美しく、快適に使用するために、ご使用上の注意事項をあらかじめお読みください。

1)首は常に柔らかさを保ち、余計な力を入れない。

2)頭を押し下げない。

3) 胴体が長く広くなれるように解放する。

(Orange Network 2015年5月号に掲載)

 

あわせて読みたい