自分の将来を楽観視できるようになりました。

fullsizerender

私が最初にアレクサンダーテクニックを知ったのは、メディカル・ジャーナルの中で研究発表された記事でした。それは、アレクサンダーテクニックを学んだ人たちは、多くの薬を必要としない、というものでした。私は2009年にひどい首の怪我をし、慢性的な痛みを治療するために、西洋の薬、鍼灸、フィジカルセラピーといろいろ試しましたが、うまくいきませんでした。

アレクサンダーテクニックは、痛みに対するまったく違ったアプローチを学ぶ手助けをしています。Itsukoのレッスンを受けるようになって、アレクサンダーテクニックは、身体の心理療法だということに気づきました。私の痛みに起因する習慣を見つけ、変えていくのにとても役立っています。余計な力や痛みなしで生きられると知ることは、本当にのびのびします。Itsukoのガイダンスと教えには、感謝しありがたいと思っています。ついに、自分の将来を楽観視できるようになりました。

ジュリ・チッチレオ
精神保健福祉士

I first learned about Alexander Technique from a study published in the British Medical Journal that showed people who practice AT use less pain medication. I had a severe neck injury in 2009 and had tried western medicine, acupuncture, physical therapy, all without success, to treat my chronic pain.

AT has helped me learn a completely different way of treating my pain. Since I’ve been studying Alexander Technique with Itsuko I’ve come to realize that AT is like psychotherapy for the body. It has helped me learn to identify and change habits that were contributing to my pain. It is so freeing to learn to live without unnecessary tension and pain. I am thankful and grateful to Itsuko for her guidance and teaching. I am finally feeling optimistic about the future.

Julie Cicileo
LCSW, psychiatric social worker

You may also like...