幸せってナンダッケ?

4泊5日のオーハイ・カリフォルニア・リトリートは、7名の日本からの参加者の皆さんをお迎えして、じっくりと、贅沢な時を過ごしました。

 

「本気で自分を幸せにする」がテーマだったので、初日のオリエンテーションでまず、それぞれの幸せの定義を紙に書いてもらいました。

仕事・社会貢献、
愛情・性、
人間関係・家族、
趣味・教養、
お金・資産形成、
健康、コミュニティ、
チャンレンジ
という8つの項目において、今の自分の状態についても客観的に数値化してもらいました。

(人生の車輪という、ライフコーチングでしばしば使われるシートです。友人の上野さんから拝借しました。ありがとう、上野さん!)

 

ここで注意しなくてはいけないのは、社会基準じゃなくて、自分基準。

 

 

表面的に見えていることではなくて、見えていないもの。自分の奥深くに存在するものを観察していきます。

 

 

社会的に成功していても、たくさん稼いでいても、端からは幸せそうに見えていても、自分の心の中が”やらなきゃいけないこと”や”仕方ないこと”で占められていたら、それは本当の幸せと呼べるんだろうか。という問いかけから始まりました。

 

身体の使い方に癖や習慣があるように、思考にも癖や習慣があります。当たり前になりすぎて、気づかずに使っていますが、それが本来もっている限りなく自由な力を邪魔していることがあるんですね。

 

このリトリートは、アクティビティやディスカッションを通して、普段出会わないようないろいろな人たちと、自分の”今”をシェアしながら、みんなそれぞれが気づきを持っていく作業でした。

IMG_7164

あわせて読みたい