バランスの法則

オーハイ・カリフォルニア・リトリート/ディスカッション

2日目_夕食

夕食の後は、ディスカッションタイム。実は毎日やるはずだったのだけれど、その前のワインテイスティング講座でいい気持ちになりすぎて、1回しかできなかったのが心の残りと猛反省。

 

その1回は「運命のしくみ 成功のしくみ by Dan Millman」の本から「バランスの法則」についてディスカッションをしました。

実はこの本、私のバイブルのひとつでして。

初めてこの本を読んだ時は、多いに刺激を受け、その通りだと納得したのです。メディテーションを始めたり、いろいろと勉強をし、頭の中では、この運命のしくみについてはマスターした!くらいの気持ちでいました。

 

ところが、体調を壊し、頭で理解したはずのものが身体ではまったく実践できてないことを思い知らされました。

 

この章の中で一番好きなのは冒頭のシーン。

 

そこには白い鳥が、一本の脚で完璧なバランスを保って立っていた。「あなたはあのシラサギみたいにバランスを保つことができるだろうか」と賢者はたずねた。

・・・・(中略)

「あなたは毎日の生活のなかで、あんなふうに平静でいることができる?

・・・・・(中略)
この静寂の感覚は、基準点を教えてくれる。この感覚を基準とすることで、あなたは日常のなかでバランスを欠いているとき、ますますそれに気づくようになるし、ますます耐えられなくなる。

・・・・・(中略)

たとえば、緊張した人にリラックスしなさいとアドバイスしても、その人が「リラックス」とはどういう感じが知らないとしたら、ほとんど役に立たないことはわかるでしょう。でもその人がいったん深いリラックスを体験したら、その人は基準点をもったことになる。基準点があれば、緊張している時には容易に気づいて、解放のための措置をとることができる。・・・あなたはバランスの欠如にきづくことによって「バランスの法則」を適用する。」

 

 

アレクサンダーテクニックを学び始めて何ヶ月かたった時、自分の身体の中に静かに立つシラサギを感じることができたことに気づき、すごく感動したのを覚えています。基準点を身体で持ち始めた瞬間でした。

 

この本にはアレクサンダーテクニックの教えと重なる部分がたくさんあるので、「自分の使い方」を学ぶのために、こんな風に多角的に自分を見る機会をつくるのは面白いでしょう?

 

参加者の皆さんからは、様々な感想や意見や疑問が投げかけられ、とても興味深く、次回のチャンス(11月のハワイ・リトリート*)にはもっともっと掘り下げてディスカッションしていく予定です。

 

*ハワイリトリートは11/1-5 ビッグアイライドでやることが決定しています。お申し込み受付は7月初旬になります。Stay Tuned!

You may also like...