チビのミイの気分

”チビのミイ”に、はまっています。

小さい頃欠かさずに見ていた「ムーミン」だったのに、実は話の内容はほとんど覚えてない。のほほんとした幻想的なストーリーの中で、一人、小さなミイだけが、暴れたり怒ったりして、一番リアルな存在だったような。

 

はまったキッカケは、私がミイに似ていると、夫がいい始めたこと。

 

そして、フィンランドに出張で立ち寄ると必ずミイのお土産を買って来てくれるので、どんどん気分がミイになってしまっている。

驚くことに、ミイの気分になると、とっても楽で、楽しくなることが最近判明した。

 

 

先日、東京でアレクサンダーテクニックのワークショップをやった時も、その前にヘアサロンによってわざわざミイの髪型をリクエストしたのでした(笑)。

 

ヘアスタイリストの長瀬さんは、もう20年近くのお付き合いなので、私が少しくらい(世間一般的に)変なことを言っても、ちゃんとプロフェッショナルに応えてくれます。

 

 

お友達も、こんな可愛いブックマークをお土産に買って来てくれて、どんどんミイのコレクションが増えてSo Happy!

 

チビのミイは、恐れを知らない冒険者なんだって。

 

私は臆病者だから、いつもちょっとだけ、ミイの気分になる必要がある。

 

どんな気分かって?

 

やりたいことは、どんどんやっちゃうと言う気分です。

 

恐れずに。

 

恐れると、身体は縮こまって、心も縮こまって、どんどん人間小さくなっていくやんねー。(そこで、アレクサンダーテクニックが役にたちます!。。。とさりげなく宣伝宣伝っと 笑)。

 

チビのミイがこれ以上小さくなったらあかん。

 

特にアメリカで暮らしているとね、そう思う。じぶんにハッパをかける毎日です。

持続可能という意識

私の最近のお気に入りのブランドは、カリフォルニア生まれのAmour Vert 。フランス語でグリーン・ラブという意味です。

 

ネットでオーダーしたら、パッケージの中にメッセージ・カードが入っていました。

 

いつこ、ご注文ありがとう!ファッションを通して、私たちは一緒に世界をもう少しグリーンにできますね。

ハグ&キッス エリック

 

こんなことされちゃうと、もうコロッといってしまいますわ、私。

 

ファッション・アパレル産業は、石油産業につぎ二酸化炭素を排出する第2位の環境汚染産業なんだそうですよ。それを知ったAmour Vertの創設者、リンダ・バルティは、なんとかしなくてないけない!と思い、このブランドを立ち上げたのだそう。

 

『ファッションと社会的な責任は、両立できる。』

 

という彼らの思いは、ちゃんと商品に表れています。

 

腕を通すと、オーガニックの素材(普通は綿花を生産するのに大量の農薬が使われます)が優しく、肌から愛を感じます(笑)。

 

カラーは毒性のないもので染められ(後進国の川が染料で真っ青になっている写真を見たことがありますか?)、デザインはシンプルで流行に左右されにくいもの(流行遅れで着れなくなるということがない)ばかり。

 

そして、

 

「Tシャツ1枚お買い上げいただきますと、私たちは1本の木を植えます。」というお約束も。

 

Amour Vertの服を選ぶということは、まさに、一緒に地球を少しグリーンにすること。あー、もう私なんか単純だから、すぐにその気になります。

 

ファッションは好きだけど、本当にお気に入りのものが少しあればいい、という考えなので、Amour Vertは今の私にぴったりな感じです。

 

 

がんばって続いて欲しいな、こういうお店。

 

それに、こういう視点でビジネスに関われるというのは、生きていることに誇りを持てるでしょうね。

 

社会のシステムを変えようとしている。

 

意識を変えようとしている。

 

一人一人の意識によって、あっという間に社会は変わっていける。

 

「持続可能=サスティナビリティ」というのは、今後も大きなキーワードでしょう。無理がなく、喜びに溢れたもの。

 

それは、実は私たち自身の身体の使い方も全く同じです。

 

無理して胸をはったり、肩を引いたりして、いい姿勢を取ろうとしても「持続」しませんよね。

 

痛みもなく、ダラダラもせず、ピキンと頑張りすぎず、持続できる使い方こそが自分にもっともフィットした優しい使い方です。

 

シンプルなだけに、簡単ではありませんが。

 

意識を持つこと。まずはそこから。

Amour Vert: https://amourvert.com/

 

え。もう2018年!

日本ではこれから夏休み、夏本番というところでしょうが、カリフォルニアでは、学校が5月下旬に終わってしまうところが多いので、今はすでに夏の後半戦という感じなのです。

 

そして、8月下旬から9月の頭にかけて新年度が始まるため、カレンダーや手帳もこの時期が買い替えの時期。私も昨日、毎年使っている手帳を買いに行きました。はい、めっちゃアナログです(笑)。

 

スマートフォンでスケジュール管理できるのは憧れだけど、手書きすることで頭の中に入っていくような気がして〜。

 

こうやって化石化していくのかな、私。

 

これではいかん!と思って、グーグルカレンダーにも入れたりしていますけど、入れたり入れなかったりだから、信頼できない。信頼できないスケジュール帳じゃ役に立たないよね(笑)。

 

アナログだとちょっとしたメモ書きというのも気楽にできる。(書いたところを忘れるという欠点はありますが。。。)

 

ただ、どこにでも持って歩くので、バッグも大きくなってしまうところがタマニキズです。

 

そして、このピンクのペン!!!

 

日本の人たちならみーんな知っていると思うけど、消せるボールペンです。Pilotから出ているFrixion。コレ、すごく便利でお気に入りなのです。鉛筆だと消せるけどなんか汚れちゃうでしょ。ボールペンなら汚れなーい!

 

2018年度の手帳、どんな風に埋まっていくんだろう。

 

良い毎日を書き込みますよ。

 

書き込めますように!ではなくて、「書き込みます」です。なぜなら、そう決まっているから。

 

 

うまく行かない日も、良い日につづく良い日だから(^_−)−☆

 

それは、ちょうどアレクサンダーテクニックで言うところの、「習慣に任せるのではなく、選択をして、新しいディレクションを与える」と同じプロセス。

 

それでもって、そのプロセスの先にある、まだ見ぬ世界が楽しみ😎。

 

P.S. 今、調べて見たら、Frixionはアメリカでも手に入るではないの!なーんだ。毎回日本で替え芯買ってきてました😱😱😱消えるマーカーもある!欲しいっ!!!https://www.amazon.com/dp/B00F9MYPCS/ref=cm_sw_r_cp_dp_T1_oDVCzb8S3S1JS