チビのミイの気分

”チビのミイ”に、はまっています。

小さい頃欠かさずに見ていた「ムーミン」だったのに、実は話の内容はほとんど覚えてない。のほほんとした幻想的なストーリーの中で、一人、小さなミイだけが、暴れたり怒ったりして、一番リアルな存在だったような。

 

はまったキッカケは、私がミイに似ていると、夫がいい始めたこと。

 

そして、フィンランドに出張で立ち寄ると必ずミイのお土産を買って来てくれるので、どんどん気分がミイになってしまっている。

驚くことに、ミイの気分になると、とっても楽で、楽しくなることが最近判明した。

 

 

先日、東京でアレクサンダーテクニックのワークショップをやった時も、その前にヘアサロンによってわざわざミイの髪型をリクエストしたのでした(笑)。

 

ヘアスタイリストの長瀬さんは、もう20年近くのお付き合いなので、私が少しくらい(世間一般的に)変なことを言っても、ちゃんとプロフェッショナルに応えてくれます。

 

 

お友達も、こんな可愛いブックマークをお土産に買って来てくれて、どんどんミイのコレクションが増えてSo Happy!

 

チビのミイは、恐れを知らない冒険者なんだって。

 

私は臆病者だから、いつもちょっとだけ、ミイの気分になる必要がある。

 

どんな気分かって?

 

やりたいことは、どんどんやっちゃうと言う気分です。

 

恐れずに。

 

恐れると、身体は縮こまって、心も縮こまって、どんどん人間小さくなっていくやんねー。(そこで、アレクサンダーテクニックが役にたちます!。。。とさりげなく宣伝宣伝っと 笑)。

 

チビのミイがこれ以上小さくなったらあかん。

 

特にアメリカで暮らしているとね、そう思う。じぶんにハッパをかける毎日です。

あわせて読みたい