機内でも、首を自由に。

ロサンゼルスー羽田の夜行便で東京に向かうというのに、ネックピローを忘れてきました。ネックピローなしのエコノミー席、長距離フライトは久し振りなので、不安がいっぱい。それほど、私はネックピロー信者なんです。

”腰痛持ち”だった頃は、飛行機に乗るたびに、腰痛がひどくなってました。もう100%。

 

その頃は、自分のことをまるで”腰痛持ち”という持病でも抱えているかのように思っていました。実際には、持病ではなく、腰痛になるべく体の使い方の習慣を持っていたのですが。

腰痛になるべく体の使いとは?

それは、頭が首(背骨)を圧迫させるところから始まります。

 

これを防ぐべくして、私たちはアレクサンダーテクニックのレッスンを通して、体の使い方を学びなおします。ただ、座って寝るような時はネックピローのお世話になったほうがいいですよね。寝ちゃったら、わからないですから。

ほらっ、口を開けて寝てたり、頭がうなだれて隣の人に枝垂れかかったり(すみません、どれも私です!)、体の使い方からみると、どれも背骨を圧迫させています。

ですので、むち打ち症の人が首にコルセットをするのと同じような効果のあるネックピローを使えば、背骨に負担をかけずに眠ることができるというわけです。

 

はい、今回はネックピローなしで寝てしまったので、正直、首痛いです。背中もカチカチ。腰のあたりも怪しかった。

ただ(えっへん)対処の仕方を知っているので、昔のように、ひどくならずに羽田到着!あー、よかった。

今回のワークショップでも公開するディープストレッチを機内でやってきました。

無理やり体をひっぱるのではなく、体の方向性を思うことで、ゆっくりと深いところから、縮んだ筋肉を解放させて行くやり方です。これは、オフィスでもどこでもできるので、ワークショップにいらっしゃれない方達にも、近々何らかの形で公開したいなあ。

やっぱり動画かな。

 

 

 

東京ワークショップ 〜肩こり・腰痛を根本解決するための実践ワーク〜

治療をしても、エクササイズをやっても、マッサージを受けても解決しなかった痛みの根本的な原因に迫ります。私たちの多くは、無意識のうちに習慣の奴隷になっています。どんな習慣が、自分を痛めつけているのか。思考の癖、体の使い方の思い込みなど、心と体の関係を観察しながら、余計なことをやめる練習をしていきます。体の硬い人も楽々できる最も効果的なストレッチ法も初公開!

2018年4月7日(土)10:30 – 12:30

場所:渋谷おうちギャラリー 東京都渋谷区渋谷3-12-25
電話:090-6162-7278    参加費:5,000円
お申し込み:info@itsukojmasuda.com
*スペースに限りがありますので、お早めにお申し込みください。

生徒さんの声:●レッスンを受けて以来、カイロや病院に行く必要がなくなった。逸子とのレッスンでは、毎回新しい発見と感動がもたらされる(イボナ・リネイ/アーティスト)●手術するしかないと言われていた痛みがなくなった。もっと早く逸子に出会っていればお金も時間もセーブできただろう(ダナ・スミス/ 弁護士)●体も心も緊張状態だったことがわかり、解放できる様になったら、自分に自信が持てる様になり、仕事もうまくいきだした(ダリア・リアブチェンコ/ システムエンジニア)●体が軽くなり、演奏がもっと楽しくなり、ギターの音色も変わって来た(ジョッシュ・モンテ/ ミュージシャン)●痛みがなくなったおかげで自分のクリエイティビティが存分に発揮できる様になった気がする。モノの見方も変わった(スタンリー・シャオ / アーティスト)●エクササイズの正しいやり方を学んで、少ない努力でより多くの効果を得られる様になった(シルビア・ウォン/ エンジニア)●知らない間に積み上げられた習慣に気づくことができ、そこから解放される喜びを味わっている(ケンジ・クライン/ 大学教授)