海に放り出されたら、どうする?

3週間ぶりにレッスンにやってきたマリーは、日焼けした笑顔で、バケーションでの出来事を少し興奮したように話してくれました。

 

ダンナさんと一緒にカタリナ島までクルージングし、陸から少し離れたところにボートを停泊させ、そこからカヤックで一人、海の散歩に出かけたときのこと。

 

それまで静かだった海が、突然荒れ始め、マリーはカヤックごとひっくり返ってしまったのだそうだ。

 

そんな時、あなただったらどうしますか?

 

彼女が最初に思ったことは、なんと!

 

「首を自由にする (Think of neck to be free)」 だったと。

 

怖かったり、パニックに陥ると、人間だけに限りませんが、動物はみんな体を固めてしまうものです。そのことに気づいて、意識的に緊張を解放することで、冷静に次の行動に移れる。

これはアレクサンダーテクニックの基本ですから、何度も何度も私と学習してきたマリーは、本当に窮地に陥った時にも、この方法を活用することができたのです。

 

私は思わず、嬉しくてハグしてしまいました!

 

無事でよかったという思いより、どちらかというと、よくぞやった!という感激です(笑)。まあ、彼女は私の生徒さんの中でもレッスンを最も長く3年も続けている人ですからね。

 

自分の使い方をレッスンで学んで、一歩スタジオを出たら忘れてしまうのでは、本当のところ意味がない。日常生活で使えるようになるまで、何度も何度も意識する。それが無意識になるまで。彼女はそこまで到達している数少ない生徒です。

 

その後マリーは、カヤックを立て直して、停泊しているボートまで戻る間も、恐怖と孤独に負けないように、自分で掛け声をかけて漕いだのだそうです。

「イチニッ、イチニッ」じゃなくてね、

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

なんとユニークで、具体的な掛け声!👍👍👍👍👍👍

 

40分も漕ぎ続けたのに、余計な体力を消耗せずに辿りつけた!と誇らしげに報告してくれました。

 

ここだけの話だけど、マリーは60歳を過ぎているんですよ。でも、すごくアクティブ。週に2回ウェイトトレーニングとヨガ、週に1回アレクサンダーテクニックをやり、週末はダンナさんとボートで海に繰り出したり、女友達と旅行に行ったり。

 

歳を重ねても元気で美しくいるのって、そういった自分の心身のメンテナンスを欠かさないってことだなあ、とつくづく。

 

いやあ、あっぱれ、マリー。

病は地団駄を踏んで悔しがっているだろう

大切な友人が亡くなり、Sitting Shivaというユダヤ教の儀式に参加しました。親しい人たちが彼らの家に集まり、亡くなった友人との思い出を語り、素晴らしい人だったことを再認識し、悲しみを分かち合い、慰めあうという素敵な時間でした。

非常に珍しい難病で、発見が遅れたこと、発見されても事例が少なく打つ手がないこと、それに加えてアクティブな癌だったこと、、、などあり得ないほど辛い事実を突きつけられても、友人は、これまたあり得ないほどいつもポジティブで、笑顔でした。

もうとっくに心が折れてしまってもおかしくない状況が何度も何度もやってきたのに「なるようにしかならないから。心配してもしょうがない」と笑って、崩れそうになる周りの人たちを勇気付けてきたのです。

私は、彼のこの楽観的なお気楽さに、病気も慌てふためいて逃げ出して行くのではないかと、心底思ったほどでした。

1週間ほど前、ホスピスケアで家に戻ってきた友人と奥さんに、少しでも楽になってもらいたいとの思いで、私ができることをさせてもらいました。

もう会話もままならない友人でしたが、私がカレンさんにワークしていると、ふと目を覚ましてこちらを向き、音にならない声で I love you と彼女に向かって呟いたのです。突然のことに、私まで泣き出してしまいそうでした。

彼が肉体から離れる最後の時も、唇を前に突き出し、キスを送ってお別れをしたと聞きました。

長い間闘いを挑んできた病は、最後の最後まで友人の優しさや穏やかさや溢れる愛情を変えることができず、地団駄を踏んで悔しがっていたことでしょう。

昨日のsitting shivaで、カレンさんが友人と付き合い始めた時の楽しいエピソードを披露してくれました。日本人で感情を表に出すのが苦手な彼が、初めて彼女にMy sweetheart(愛情を込めた呼び方) と言った時、発音が悪すぎてMy feet hurt ( 足が痛い)と聞こえ「え?足が痛いの?」 と聞き返してしまった、、、と。

家の中は大爆笑!

数十年前のその時の彼は、まさか、このことが悲しみの中にいるみんなを笑顔にさせてくれることになるなんて思いも寄らなかったでしょうね。でも、友人はそんな人でした。私たちに、いつも笑顔を運んでくれる人でした。

出会いに感謝です。ありがとう。