お魚になったワ・タ・シ♪

日本ほどではないと思うけど、南カリフォルニアも暑い毎日が続いているので、運動するのが億劫になっている。

 

そうは言っても、自分で率先して動くことを決めないと、車社会のここは本当に動かなくていい環境なので、陽が少し傾いてから泳ぐようにしている。

 

最近、プールの水をクロリーン(消毒液)から、塩水に変えたせいか、水が柔らかい。嫌な匂いもしない。

 

ボコボコと自分の呼吸から生まれる水の音、太陽に反射する光を感じながら、体から余計な力を抜いて、委ね、方向性だけを思いながら、ゆっくりと前に進む。

 

今ちょうど、次回のアレクサンダーテクニックのブッククラブの課題本[The Body in Motion]の中の、生物の進化について書かれている章を読んでいるところ。なので、しばし、お魚になってみる。

 

前から入った食べ物がそのまま後ろに出て行くという単純な作りの魚が、陸に新たな餌を求めて、両生類となって行く過程で、ヒレが手足になる。そこから(途中かなり省略)さらに進化して直立歩行の今の私たちの原型へと移って行く。これは、小学校の理科でも習ったこと。

 

でも今は、頭で覚えているのではなく、体で体験してみる。

 

たとえば、

 

ああ。私がひとかきするこの腕は、陸に上がるために必要だったもの。遠くのものを掴みたいという思いから生まれた腕。

 

好奇心と願い

 

それさえ持っていれば、体はどんどん自由になって、行きたい方向に行けるのだな、ということを再確認する。

 

タイムがいくつだとか、何分泳いだとか、何往復したとか、そんなこと、魚は考えない。

 

なんて気持ちがいいんだろう。

 

日々の忙しさやゴタゴタを一旦横において、自分を空っぽにする時間は大切だなあとつくづく。

 

 

後頭部から首、肩にかけてガチガチになっていた。

 

 

ストレッチや運動が余計な力の解放に役立つこともあるけれど、本当はそこに意識をぼんやりと持って、ゆっくりと緩んで行くプロセスを味わうといい。それには、夏のプールは最高です。

 

暑中お見舞い、申し上げます。

 

*ところで、表題の「お魚になったワ・タ・シ」を知っている人、同世代ですな(笑)知りたい人は、ググってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です