自分をひっかき回せ!

先週末、ロサンゼルスで私がずっと関わってきたJapan Film Festival が行われました。全員がボランティアで、本業の仕事のかたわら、これだけのイベントをやり遂げるのは、正直本当に大変でした。

 

運営に関わったコミッティーのメンバーは、最後の最後まで準備に追われ、体力的にも、精神的にも極限まで達しヘロヘロになりながらも、笑顔で当日を迎えました。まさか、こんな一生懸命に仕事をするなんて、私、全然想定外だったの。そんな大変なこと、やる必要なんてどこにもないのにねー。

 

他のメンバーは「映画が好きだから」とか「日本映画をもっとハリウッドに知って欲しい」とか「映画関係者とのコネクションが欲しい」とか「大きな仕事につなげたい」とか、、、それなりに目的があったようだったけど、私はというと、、、

 

明確な目的はなかったんですよ。「日本の映画界の人たちにもアレクサンダーテクニックを知って欲しい」。。。どこかにそんなスケベ心はあったかもしれないけど(笑)。

 

ただし「映画祭を成功させる」というビジョンだけは揺らぐものがなかった。

 

たまたま(?必然?)そんな機会がやってきて。。。「私の能力が役に立つなら喜んでやりますよ、使ってください」と、人生に自分を差し出した感じかな。ある意味、それこそが、この世に自分が存在する理由でもある気がするのね。ちょっと大げさだけど(笑)!だったら、一生懸命やる以外に選択がないじゃない。

 

ボランティアって、自分がやると決めてやっているわけで、見返りはない。一見 give  give  give なんですけど、でも結果としては、目には見えない宝物をいっぱいもらっているんですよね。

 

だから、やってみて思ったのは、やってよかった!です。

 

エネルギー的に見ると、しっちゃかめっちゃかひっかき回された感じです。静かな湖に大きな石がいくつも投げ込まれて、バッシャンバッシャン音を立ててていたイメージ。

 

こうやってエネルギーが大きく動くと、世界が変わります。エネルギーが大暴れすると、町も人も全部ひっくるめてめちゃくちゃになります。でも新しいエネルギーは必ずまた起きてくる。これが自然の摂理だと思うのね。そこにクリエイティビティやチャンスが生まれる。

 

この映画祭は、まさに私にとっては「台風」だったかも。自分で全てをコントロールできない状況の中で、心乱れて、それを観察しつつ、アレクサンダーテクニックを使って、ある時は降参し、ある時は手放しながら、自分をしっかりとセンターに持っていくというすごい修行の場でもありました。

 

目的ではなかったけれど、結果として、ボランティアの仲間をはじめ、いろいろな面白い人たちと出会えたことは、人生においての大きな収穫だった。

 

クロージング・フィルム「Hee-火」の監督・主演の大女優である桃井かおりさんが「ずっと老けた新人でいたい」とインタビューの中で答えていました。大御所としてあぐらをかくことなく、チャレンジし続けるかおりさんに共感する点は多く、そんな彼女と一緒の時間を過ごせたことも大いなる刺激になりました。

 

そして、このしっちゃかめっちゃかなエネルギーの波がどこかを突っついたおかげだと信じているのだけれど、本業でも新しい仕事の話が舞い込んできています(これも全く想定外!)

 

 

「定期的に自分をひっかき回すことって大切だよね」としみじみ。昨日は久しぶりに、Laguna Beachの242 Fusion Sushiで才能溢れるミキさんの創作寿司をつまみながら、5リズムのダンス・インストラクターのまさよちゃんと、ミュージシャンのカオルちゃんに話したところ、二人ともウンウン頷いてた。クリエイティブな彼女たちにはすぐ響くから心地よい。

 

まさよちゃんは「それが、フロー、スタッカート、カオス、リリカル、スティルネスの5リズムなんだよね」と。

 

この続きは、また今度。

*写真は映画祭ボランティアメンバーと桃井かおりさん

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です