頑張りすぎない。でもあきらめない。

まあ、相変わらず、よく喋りますね〜、さだまさしさん。淀みなく。。。

 

昨日のコンサートでも半分くらいはトーク。そのしゃべりの面白さに、会場が湧き上がりました。(日本在住の方達はきっとご存知ですね?)日本語しっかりわからない外人さんも笑ってましたね。

 

話は明るく、歌は暗く!

 

って自分で言ってましたけど(笑)、ほんと、話を聞いているときはずっと笑わされ、歌を聞いているときは涙が落ちる。。。みたいな、心があっちこっちに揺さぶられるコンサートでした。

 

 

その中で言っていたこと。

 

 

「頑張りすぎずに、あきらめない」

 

 

 

どんな文脈の中で言ったんだったかなあ。

 

 

復興支援の話だったかもしれない。

 

 

でも、どんな時でも当てはまる。すごくいい言葉だと思った。

 

 

そう思って調べてみると、さださんの2つの歌の中にもそのフレーズが出て来てるのをみっけ。

 

 

頑張りすぎないで
でも決してあきらめないで

強い夢ならばきっと
いつか必ず叶うから

(窓)

 

頑張らない あきらめない

夢を捨てない 愛を信じること

(誓いの言葉)

 

 

アレクサンダーテクニックの中で話す
「余計な緊張を緩める」
「正しい方向性を思う」
は、まさにそれなんですよね〜。

 

 

「頑張る」が、体も心も縮こまらせる。

 

でも、「頑張らない」は、
怠けたり、やらないということとは違う。

 

自分の思っている方向を思って、進む、ということ。

 

ああ、それって”真理”なんだな。

 

日米文化交流に貢献する【オーロラ基金】という非営利団体の活動を、私たち夫婦で支援しているんですが、さだまさしさんは、そこの名誉会長でして。

 

 

なので、オーロラ基金20周年記念のイベントは、「さだづくし」だったのです。

 

 

いつお会いしても、肩の力が抜けていて、ほっこりとさせてくれる素敵な人です。

 

 

下の写真は、3人とも5歳若い時のオーロラ基金15周年。

 

 

大丈夫かな?ちゃんといい感じでエイジングしているかな?と気になってひっぱり出して来ました^^;

5年後、またお会いできたら、どんな気持ちで、自分はこれらの写真を眺めるのかな。頑張りすぎず、あきらめず、歩み続けてみようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です