海に放り出されたら、どうする?

3週間ぶりにレッスンにやってきたマリーは、日焼けした笑顔で、バケーションでの出来事を少し興奮したように話してくれました。

 

ダンナさんと一緒にカタリナ島までクルージングし、陸から少し離れたところにボートを停泊させ、そこからカヤックで一人、海の散歩に出かけたときのこと。

 

それまで静かだった海が、突然荒れ始め、マリーはカヤックごとひっくり返ってしまったのだそうだ。

 

そんな時、あなただったらどうしますか?

 

彼女が最初に思ったことは、なんと!

 

「首を自由にする (Think of neck to be free)」 だったと。

 

怖かったり、パニックに陥ると、人間だけに限りませんが、動物はみんな体を固めてしまうものです。そのことに気づいて、意識的に緊張を解放することで、冷静に次の行動に移れる。

これはアレクサンダーテクニックの基本ですから、何度も何度も私と学習してきたマリーは、本当に窮地に陥った時にも、この方法を活用することができたのです。

 

私は思わず、嬉しくてハグしてしまいました!

 

無事でよかったという思いより、どちらかというと、よくぞやった!という感激です(笑)。まあ、彼女は私の生徒さんの中でもレッスンを最も長く3年も続けている人ですからね。

 

自分の使い方をレッスンで学んで、一歩スタジオを出たら忘れてしまうのでは、本当のところ意味がない。日常生活で使えるようになるまで、何度も何度も意識する。それが無意識になるまで。彼女はそこまで到達している数少ない生徒です。

 

その後マリーは、カヤックを立て直して、停泊しているボートまで戻る間も、恐怖と孤独に負けないように、自分で掛け声をかけて漕いだのだそうです。

「イチニッ、イチニッ」じゃなくてね、

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

なんとユニークで、具体的な掛け声!👍👍👍👍👍👍

 

40分も漕ぎ続けたのに、余計な体力を消耗せずに辿りつけた!と誇らしげに報告してくれました。

 

ここだけの話だけど、マリーは60歳を過ぎているんですよ。でも、すごくアクティブ。週に2回ウェイトトレーニングとヨガ、週に1回アレクサンダーテクニックをやり、週末はダンナさんとボートで海に繰り出したり、女友達と旅行に行ったり。

 

歳を重ねても元気で美しくいるのって、そういった自分の心身のメンテナンスを欠かさないってことだなあ、とつくづく。

 

いやあ、あっぱれ、マリー。

病は地団駄を踏んで悔しがっているだろう

大切な友人が亡くなり、Sitting Shivaというユダヤ教の儀式に参加しました。親しい人たちが彼らの家に集まり、亡くなった友人との思い出を語り、素晴らしい人だったことを再認識し、悲しみを分かち合い、慰めあうという素敵な時間でした。

非常に珍しい難病で、発見が遅れたこと、発見されても事例が少なく打つ手がないこと、それに加えてアクティブな癌だったこと、、、などあり得ないほど辛い事実を突きつけられても、友人は、これまたあり得ないほどいつもポジティブで、笑顔でした。

もうとっくに心が折れてしまってもおかしくない状況が何度も何度もやってきたのに「なるようにしかならないから。心配してもしょうがない」と笑って、崩れそうになる周りの人たちを勇気付けてきたのです。

私は、彼のこの楽観的なお気楽さに、病気も慌てふためいて逃げ出して行くのではないかと、心底思ったほどでした。

1週間ほど前、ホスピスケアで家に戻ってきた友人と奥さんに、少しでも楽になってもらいたいとの思いで、私ができることをさせてもらいました。

もう会話もままならない友人でしたが、私がカレンさんにワークしていると、ふと目を覚ましてこちらを向き、音にならない声で I love you と彼女に向かって呟いたのです。突然のことに、私まで泣き出してしまいそうでした。

彼が肉体から離れる最後の時も、唇を前に突き出し、キスを送ってお別れをしたと聞きました。

長い間闘いを挑んできた病は、最後の最後まで友人の優しさや穏やかさや溢れる愛情を変えることができず、地団駄を踏んで悔しがっていたことでしょう。

昨日のsitting shivaで、カレンさんが友人と付き合い始めた時の楽しいエピソードを披露してくれました。日本人で感情を表に出すのが苦手な彼が、初めて彼女にMy sweetheart(愛情を込めた呼び方) と言った時、発音が悪すぎてMy feet hurt ( 足が痛い)と聞こえ「え?足が痛いの?」 と聞き返してしまった、、、と。

家の中は大爆笑!

数十年前のその時の彼は、まさか、このことが悲しみの中にいるみんなを笑顔にさせてくれることになるなんて思いも寄らなかったでしょうね。でも、友人はそんな人でした。私たちに、いつも笑顔を運んでくれる人でした。

出会いに感謝です。ありがとう。

機内でも、首を自由に。

ロサンゼルスー羽田の夜行便で東京に向かうというのに、ネックピローを忘れてきました。ネックピローなしのエコノミー席、長距離フライトは久し振りなので、不安がいっぱい。それほど、私はネックピロー信者なんです。

”腰痛持ち”だった頃は、飛行機に乗るたびに、腰痛がひどくなってました。もう100%。

 

その頃は、自分のことをまるで”腰痛持ち”という持病でも抱えているかのように思っていました。実際には、持病ではなく、腰痛になるべく体の使い方の習慣を持っていたのですが。

腰痛になるべく体の使いとは?

それは、頭が首(背骨)を圧迫させるところから始まります。

 

これを防ぐべくして、私たちはアレクサンダーテクニックのレッスンを通して、体の使い方を学びなおします。ただ、座って寝るような時はネックピローのお世話になったほうがいいですよね。寝ちゃったら、わからないですから。

ほらっ、口を開けて寝てたり、頭がうなだれて隣の人に枝垂れかかったり(すみません、どれも私です!)、体の使い方からみると、どれも背骨を圧迫させています。

ですので、むち打ち症の人が首にコルセットをするのと同じような効果のあるネックピローを使えば、背骨に負担をかけずに眠ることができるというわけです。

 

はい、今回はネックピローなしで寝てしまったので、正直、首痛いです。背中もカチカチ。腰のあたりも怪しかった。

ただ(えっへん)対処の仕方を知っているので、昔のように、ひどくならずに羽田到着!あー、よかった。

今回のワークショップでも公開するディープストレッチを機内でやってきました。

無理やり体をひっぱるのではなく、体の方向性を思うことで、ゆっくりと深いところから、縮んだ筋肉を解放させて行くやり方です。これは、オフィスでもどこでもできるので、ワークショップにいらっしゃれない方達にも、近々何らかの形で公開したいなあ。

やっぱり動画かな。

 

 

 

チビのミイの気分

”チビのミイ”に、はまっています。

小さい頃欠かさずに見ていた「ムーミン」だったのに、実は話の内容はほとんど覚えてない。のほほんとした幻想的なストーリーの中で、一人、小さなミイだけが、暴れたり怒ったりして、一番リアルな存在だったような。

 

はまったキッカケは、私がミイに似ていると、夫がいい始めたこと。

 

そして、フィンランドに出張で立ち寄ると必ずミイのお土産を買って来てくれるので、どんどん気分がミイになってしまっている。

驚くことに、ミイの気分になると、とっても楽で、楽しくなることが最近判明した。

 

 

先日、東京でアレクサンダーテクニックのワークショップをやった時も、その前にヘアサロンによってわざわざミイの髪型をリクエストしたのでした(笑)。

 

ヘアスタイリストの長瀬さんは、もう20年近くのお付き合いなので、私が少しくらい(世間一般的に)変なことを言っても、ちゃんとプロフェッショナルに応えてくれます。

 

 

お友達も、こんな可愛いブックマークをお土産に買って来てくれて、どんどんミイのコレクションが増えてSo Happy!

 

チビのミイは、恐れを知らない冒険者なんだって。

 

私は臆病者だから、いつもちょっとだけ、ミイの気分になる必要がある。

 

どんな気分かって?

 

やりたいことは、どんどんやっちゃうと言う気分です。

 

恐れずに。

 

恐れると、身体は縮こまって、心も縮こまって、どんどん人間小さくなっていくやんねー。(そこで、アレクサンダーテクニックが役にたちます!。。。とさりげなく宣伝宣伝っと 笑)。

 

チビのミイがこれ以上小さくなったらあかん。

 

特にアメリカで暮らしているとね、そう思う。じぶんにハッパをかける毎日です。

持続可能という意識

私の最近のお気に入りのブランドは、カリフォルニア生まれのAmour Vert 。フランス語でグリーン・ラブという意味です。

 

ネットでオーダーしたら、パッケージの中にメッセージ・カードが入っていました。

 

いつこ、ご注文ありがとう!ファッションを通して、私たちは一緒に世界をもう少しグリーンにできますね。

ハグ&キッス エリック

 

こんなことされちゃうと、もうコロッといってしまいますわ、私。

 

ファッション・アパレル産業は、石油産業につぎ二酸化炭素を排出する第2位の環境汚染産業なんだそうですよ。それを知ったAmour Vertの創設者、リンダ・バルティは、なんとかしなくてないけない!と思い、このブランドを立ち上げたのだそう。

 

『ファッションと社会的な責任は、両立できる。』

 

という彼らの思いは、ちゃんと商品に表れています。

 

腕を通すと、オーガニックの素材(普通は綿花を生産するのに大量の農薬が使われます)が優しく、肌から愛を感じます(笑)。

 

カラーは毒性のないもので染められ(後進国の川が染料で真っ青になっている写真を見たことがありますか?)、デザインはシンプルで流行に左右されにくいもの(流行遅れで着れなくなるということがない)ばかり。

 

そして、

 

「Tシャツ1枚お買い上げいただきますと、私たちは1本の木を植えます。」というお約束も。

 

Amour Vertの服を選ぶということは、まさに、一緒に地球を少しグリーンにすること。あー、もう私なんか単純だから、すぐにその気になります。

 

ファッションは好きだけど、本当にお気に入りのものが少しあればいい、という考えなので、Amour Vertは今の私にぴったりな感じです。

 

 

がんばって続いて欲しいな、こういうお店。

 

それに、こういう視点でビジネスに関われるというのは、生きていることに誇りを持てるでしょうね。

 

社会のシステムを変えようとしている。

 

意識を変えようとしている。

 

一人一人の意識によって、あっという間に社会は変わっていける。

 

「持続可能=サスティナビリティ」というのは、今後も大きなキーワードでしょう。無理がなく、喜びに溢れたもの。

 

それは、実は私たち自身の身体の使い方も全く同じです。

 

無理して胸をはったり、肩を引いたりして、いい姿勢を取ろうとしても「持続」しませんよね。

 

痛みもなく、ダラダラもせず、ピキンと頑張りすぎず、持続できる使い方こそが自分にもっともフィットした優しい使い方です。

 

シンプルなだけに、簡単ではありませんが。

 

意識を持つこと。まずはそこから。

Amour Vert: https://amourvert.com/