考えない練習・パワースポットハイキング

オーハイ・カリフォルニア・リトリート/ハイキング

waterfall
3日目
の朝は、パワースポットと呼ばれている滝までハイキング。
ひとつだけ、ルールを作りました。

 

「ハイキングの途中、緊急以外は一言も話さないこと。」

 

 

 

不必要に誰かを気遣ったり(ソンタク?)、おしゃべりに夢中になって、Now and Here (今、ココ)に生きることを忘れてしまいがちな自分を、もう一度センターに持ってくるという時間です。

 

 

緑の青さ、光の強さ、空気の暖かさ、小鳥のさえずり、小川のせせらぎ、トレイルを踏みしめる足音、水が運ぶ湿った匂い、、、眠っていた五感が目覚め始めます。

 

 

そう!私たちは日常生活の中でいかに五感を眠らせたままで生きていることか。頭でっかちで、思考こそが王様!と言わんばかりに!!!

 

 

めまぐるしく頭の中をかけめぐる様々なことを置いておいて。

いらない感情は捨てて。

感覚を味わう。

 

 

汗ばむ暑さの中、滝が近づくにつれて気温がさがってくることを感じ、水のもつパワーの素晴らしさ、そして木々が作り出すシェイドのありがたさに気づきました。

 

 

 

私は、滝のそばの大きな石の上に寝転がってみました。石のひんやりとした冷たさが心地よく背中につたわり、空をただただ見上げ、考えない練習。

 
でも、すぐにいろいろなことを考えてしまうんですよね。次の行動のことや、時間のことや、ランチのことやあれこれ。そういった思考が訪れるたびに、「ありがとう、今はいらない」と押しのけていきます。五感の特訓ですね(笑)。

 

ふと周りを見渡すと、それぞれがみんな、滝のそばで静かに瞑想されていました。

 

参加者の声

Aさん
滝までのハイキング、神経を研ぎ澄まして風、音、匂い、…を体全体で感じていました。
滝に着いてからの瞑想も本当に良かったです。

Bさん
気持ちのよい滝でした。「自由でいてOK」とメッセージをもらって、
涙と一緒に何かを流しました。何を流したのかはまだ不明です(笑)
思いがけないテントウムシの大群もアニメみたいで面白かったです。

Cさん
ゆっくり自分と向き合える良い時間を過ごすことができました。
もう少し長くても良いくらいでした。

 

IMG_7137

 

 

 

 

 

朝は大事。新しい一日の始まりだから。

【オーハイ・カリフォルニア・リトリート/朝】5日目_朝食

ヨガの後、しっかり身体も目覚め、さて朝食。

「好きな場所で、好きな人と、好きな時に食べてくださいね。」

 

と、言ったけど、なんだかんだ、みんな気持ちのいい外のテラスに集合。

 

 

朝食は、各種グラノーラ、フルーツ、ナッツ、ヨーグルト、チアシード、ココナッツオイル、ピーナッツバター、ホームメイド・ハラペーニョ・ストロベリージャム、全粒粉のパンや発酵パンなど。

 

 

カリフォルニアはとってもヘルス・コンシャスな人が多いので、そういったトレンドのものをご紹介しました。
そうそう、ミルクも牛乳ではなく、プラントミルクが幅をきかせています。ソイミルク、アーモンドミルク、ココナッツミルク、ヘンプミルク(これは出さなかった)など植物性ミルク。栄養分は牛乳よりあって、カロリーも少なく、身体への負担が少ないとあって、今や一般のスーパーでもプラントミルクのコーナーはどんどん拡大されています。

 

自分が今日をどう生きるのか、決断する時間にすることができるのが朝です。

 

 

ファーム内に咲き乱れるバラの香り、小鳥のさえずり、澄み渡る青空、、、はこの日のようにいつも手に入らなくても、穏やかな気持ち、優しい笑顔、健康的な食事は自分で選ぶことができますね。

 

 

身体も心も幸せなスタートです。

 

2日目_main house

チャレンジすることと無理をすることは違う

【オーハイ・カリフォルニア・リトリート/ヨガ】
IMG_7159昼間は真夏の日差しのオーハイも、朝はひんやり。

Fresh and Crisp! そんな言葉がぴったりの気持ちのいい空気の中、7:30から始まるヨガのクラスに、皆さん時差ぼけにもかかわらず元気に集まってきてくれました。

 

ヨガの先生であるRowanがクラスの最初に言ったことは

「ヨガはアーサナ(ポーズ)をとることではありません。呼吸とともに動く、それがヨガです。」

 

YES! 私が彼女にこのリトリートでヨガのクラスを信頼してお願いした理由は、まさにこれだったのです。

 

形にこだわり、正しさを求めてポーズを取りたがる姿勢にNOとしっかり言ってくれるヨギが必要だと思っていました。

 

なにを隠そう、彼女のパパは、アレクサンダーテクニックの世界では超有名なマスターティーチャーであるマイケル・フレデリック。当然のことながら、小さい頃から、アレクサンダーテクニックが生活の中にあり、物事を部分ではなく、全体で見る訓練ができている人なんですね。去年、私自身がリトリートを受けた時にもRowanがメディテーションのクラスを教えていたので、彼女なら間違いない、と知っていました。

 

身体が硬い人は特に、少しでもなんとか身体を曲げようとして、がんばります。
それはNOです。

 

がんばる必要はないんです。今の自分の状態を知って、その中で自分をよりよく使いながら、どこまでできるか、できるところまでチャレンジする。
「がんばろうと思ってなにがいけないの?」って思ってますか。

 

じゃあ、私からの質問は「なにに対してがんばろうとしている?」

 

前屈して手を床につけること?
無理やりがんばって、それをやろうとするとなにが起こりますか?
首に力が入り、背骨が曲がり、肩に力が入り、イテェ〜💦
(よくわかりますよ。私も身体がめっちゃ硬いんで 笑)

 

これをアレクサンダーはend-gainingと言って諌めています。目的に向かうプロセスを無視することで、目的地には到達できない、と言っています。プロセスこそがすべて。結果はついてくるもの。

 

無理をしない。それは、デザインされたように身体を使うことです。そして、呼吸と共に動けば、筋肉は効率よく伸縮して動きを助けてくれます。呼吸に意識をもつことは、過去や未来ではなく「今、ココ」に生きることにもつながっていきます。

 

その中で、どこまでできるか、少しずつチャレンジする。自分をトレーニンングしていく。そういった積み重ねが結果として美しいアーサナになっていくんですね。まさに、アレクサンダーの教えでもあります。

ヨガも本来は、心の静寂と平和に導く手段であり、エクササイズの要素はその一部でしかないのですから。

参加者からの声:

「朝、目覚めたばかりの体に優しいヨガで気持ち良かったです。」

「呼吸に集中するヨガだったので、あまり激しいポーズもなく良かったと思います。

身体に対する気づき(思った以上に固い、意思が身体に通じない、など)もありました。」

「ヨガしながらの呼吸法が良かったです。1時間がとても短く感じられました。」

「過去に一度体験したものよりも、姿勢もキツくなくて気持ちがよかったです。何より、呼吸に純粋に向き合うことに集中できてよかったです。」

IMG_7155

幸せってナンダッケ?

4泊5日のオーハイ・カリフォルニア・リトリートは、7名の日本からの参加者の皆さんをお迎えして、じっくりと、贅沢な時を過ごしました。

 

「本気で自分を幸せにする」がテーマだったので、初日のオリエンテーションでまず、それぞれの幸せの定義を紙に書いてもらいました。

仕事・社会貢献、
愛情・性、
人間関係・家族、
趣味・教養、
お金・資産形成、
健康、コミュニティ、
チャンレンジ
という8つの項目において、今の自分の状態についても客観的に数値化してもらいました。

(人生の車輪という、ライフコーチングでしばしば使われるシートです。友人の上野さんから拝借しました。ありがとう、上野さん!)

 

ここで注意しなくてはいけないのは、社会基準じゃなくて、自分基準。

 

 

表面的に見えていることではなくて、見えていないもの。自分の奥深くに存在するものを観察していきます。

 

 

社会的に成功していても、たくさん稼いでいても、端からは幸せそうに見えていても、自分の心の中が”やらなきゃいけないこと”や”仕方ないこと”で占められていたら、それは本当の幸せと呼べるんだろうか。という問いかけから始まりました。

 

身体の使い方に癖や習慣があるように、思考にも癖や習慣があります。当たり前になりすぎて、気づかずに使っていますが、それが本来もっている限りなく自由な力を邪魔していることがあるんですね。

 

このリトリートは、アクティビティやディスカッションを通して、普段出会わないようないろいろな人たちと、自分の”今”をシェアしながら、みんなそれぞれが気づきを持っていく作業でした。

IMG_7164