アメリカ産オリーブの99%がカリフォルニアオリーブ

いづみです。

先日、オーハイに今回のリトリートのメンバーで下見に行った際、ファーマーズマーケットに立ち寄りました。

そこで見つけたのが、このオリーブショップ。

オリーブオイルだけではなく、オリーブで作ったハンドクリームやリップなども売られていました。

このファーマーズマーケットは、小規模ながらオリーブショップが、他にもいくつもありました。

 

実は、ロサンゼルスから北に1時間半ほど行ったところにあるこのオーハイから、更に1時間弱北に行ったサンタバーバラのこの一体は、カリフォルニア有数のオリーブの産地。

そのため、ファーマーズマーケットにオリーブショップがいくつも出店していたのでしょう。

乾燥に強いオリーブは、スペインやイタリアを中心とする地中海性気候のエリアが主な産地。

紀元前7000年〜6000年以前から生息していたとされていて、古代ギリシャはオリーブの貿易で栄えたと言われています。

数年前にスペインに行った際、オリーブの美味しさと種類の多さに驚きました。

 

 

この南カリフォルニアも地中海性気候に属し、雨が少なく乾燥した気候のためオリーブが育つのにぴったりなのです。

現在、アメリカで作られているオリーブのうち99%がカリフォルニア産。

このリトリートでは、そんな有名な産地のオリーブを味わうことができますよ!

 

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です