オーハイで一番気になってた場所!青空本屋さん「Bart’s Bookstore」

こんにちは!写真家のTAKです。
このオーハイ・リトリートでは、皆さんの「写真」を撮るのはもちろん、
「冒険」「遊び」担当で皆さんとオーハイをご一緒します!
「心の向くままに遊ぶ!」
たまにはそんな時間があっても良いですよね!

さて、今回ご紹介するのは僕がオーハイで一番気になっていた場所、
青空本屋さん「Bart’s Bookstore」。
その名の通り、この本屋さんは屋外にあります。

ん?本屋さんなのに屋外??????
ですよね。だって本屋さんが外にあったら、
雨の日はどうするの?営業しないの?本は濡れちゃわないの?
考えなくても、色々な疑問が瞬時に頭のなかに浮かんできます。

「しなければいけないこと」がとても多い現代社会で、
特に色々なことをきっちりしっかりこなす私達日本人は、
常にリスクを考え、それに備え、そしてそれを回避する行動をとりがちです。

だから、こんな本屋さんがあったらびっくりしちゃいますよね。
だって、普通とは真逆のことばかりですから。
皆の疑問を、お店の人に聞いてみました。
雨の日はどうするの?営業しないの?本は濡れちゃわないの?

答え。
「雨はそんなに降らないから大丈夫だよ。降ったらちょっと濡れちゃうけどね。
それが自然だから。」

「雨が降れば本は濡れる。それが自然だから。」
なんと堂々とした答えでしょう。
しなければいけないこと、リスク回避、将来をきちんと設計すること。
そんなことがリセットされ、ニュートラルの状態に戻るような、
そんな気持ちのよい答えです。

私たちは毎日ついつい考えがち。
それを忘れ、がんばるのを休憩して、
何があっても「ま、そんなこともあるさ」と気楽に構える。
そこからふと見えてくる真理というのもあるのかなと思いました。

オーハイの青空本屋さん「Bart’s Bookstore」。
ちょっと雨に濡れた本が気になって手に取ってみたら、
小さい頃大好きだった小説だった、なんていうステキな出会いがあるかもしれませんよ。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です