海に放り出されたら、どうする?

3週間ぶりにレッスンにやってきたマリーは、日焼けした笑顔で、バケーションでの出来事を少し興奮したように話してくれました。

 

ダンナさんと一緒にカタリナ島までクルージングし、陸から少し離れたところにボートを停泊させ、そこからカヤックで一人、海の散歩に出かけたときのこと。

 

それまで静かだった海が、突然荒れ始め、マリーはカヤックごとひっくり返ってしまったのだそうだ。

 

そんな時、あなただったらどうしますか?

 

彼女が最初に思ったことは、なんと!

 

「首を自由にする (Think of neck to be free)」 だったと。

 

怖かったり、パニックに陥ると、人間だけに限りませんが、動物はみんな体を固めてしまうものです。そのことに気づいて、意識的に緊張を解放することで、冷静に次の行動に移れる。

これはアレクサンダーテクニックの基本ですから、何度も何度も私と学習してきたマリーは、本当に窮地に陥った時にも、この方法を活用することができたのです。

 

私は思わず、嬉しくてハグしてしまいました!

 

無事でよかったという思いより、どちらかというと、よくぞやった!という感激です(笑)。まあ、彼女は私の生徒さんの中でもレッスンを最も長く3年も続けている人ですからね。

 

自分の使い方をレッスンで学んで、一歩スタジオを出たら忘れてしまうのでは、本当のところ意味がない。日常生活で使えるようになるまで、何度も何度も意識する。それが無意識になるまで。彼女はそこまで到達している数少ない生徒です。

 

その後マリーは、カヤックを立て直して、停泊しているボートまで戻る間も、恐怖と孤独に負けないように、自分で掛け声をかけて漕いだのだそうです。

「イチニッ、イチニッ」じゃなくてね、

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

なんとユニークで、具体的な掛け声!👍👍👍👍👍👍

 

40分も漕ぎ続けたのに、余計な体力を消耗せずに辿りつけた!と誇らしげに報告してくれました。

 

ここだけの話だけど、マリーは60歳を過ぎているんですよ。でも、すごくアクティブ。週に2回ウェイトトレーニングとヨガ、週に1回アレクサンダーテクニックをやり、週末はダンナさんとボートで海に繰り出したり、女友達と旅行に行ったり。

 

歳を重ねても元気で美しくいるのって、そういった自分の心身のメンテナンスを欠かさないってことだなあ、とつくづく。

 

いやあ、あっぱれ、マリー。

病は地団駄を踏んで悔しがっているだろう

大切な友人が亡くなり、Sitting Shivaというユダヤ教の儀式に参加しました。親しい人たちが彼らの家に集まり、亡くなった友人との思い出を語り、素晴らしい人だったことを再認識し、悲しみを分かち合い、慰めあうという素敵な時間でした。

非常に珍しい難病で、発見が遅れたこと、発見されても事例が少なく打つ手がないこと、それに加えてアクティブな癌だったこと、、、などあり得ないほど辛い事実を突きつけられても、友人は、これまたあり得ないほどいつもポジティブで、笑顔でした。

もうとっくに心が折れてしまってもおかしくない状況が何度も何度もやってきたのに「なるようにしかならないから。心配してもしょうがない」と笑って、崩れそうになる周りの人たちを勇気付けてきたのです。

私は、彼のこの楽観的なお気楽さに、病気も慌てふためいて逃げ出して行くのではないかと、心底思ったほどでした。

1週間ほど前、ホスピスケアで家に戻ってきた友人と奥さんに、少しでも楽になってもらいたいとの思いで、私ができることをさせてもらいました。

もう会話もままならない友人でしたが、私がカレンさんにワークしていると、ふと目を覚ましてこちらを向き、音にならない声で I love you と彼女に向かって呟いたのです。突然のことに、私まで泣き出してしまいそうでした。

彼が肉体から離れる最後の時も、唇を前に突き出し、キスを送ってお別れをしたと聞きました。

長い間闘いを挑んできた病は、最後の最後まで友人の優しさや穏やかさや溢れる愛情を変えることができず、地団駄を踏んで悔しがっていたことでしょう。

昨日のsitting shivaで、カレンさんが友人と付き合い始めた時の楽しいエピソードを披露してくれました。日本人で感情を表に出すのが苦手な彼が、初めて彼女にMy sweetheart(愛情を込めた呼び方) と言った時、発音が悪すぎてMy feet hurt ( 足が痛い)と聞こえ「え?足が痛いの?」 と聞き返してしまった、、、と。

家の中は大爆笑!

数十年前のその時の彼は、まさか、このことが悲しみの中にいるみんなを笑顔にさせてくれることになるなんて思いも寄らなかったでしょうね。でも、友人はそんな人でした。私たちに、いつも笑顔を運んでくれる人でした。

出会いに感謝です。ありがとう。

機内でも、首を自由に。

ロサンゼルスー羽田の夜行便で東京に向かうというのに、ネックピローを忘れてきました。ネックピローなしのエコノミー席、長距離フライトは久し振りなので、不安がいっぱい。それほど、私はネックピロー信者なんです。

”腰痛持ち”だった頃は、飛行機に乗るたびに、腰痛がひどくなってました。もう100%。

 

その頃は、自分のことをまるで”腰痛持ち”という持病でも抱えているかのように思っていました。実際には、持病ではなく、腰痛になるべく体の使い方の習慣を持っていたのですが。

腰痛になるべく体の使いとは?

それは、頭が首(背骨)を圧迫させるところから始まります。

 

これを防ぐべくして、私たちはアレクサンダーテクニックのレッスンを通して、体の使い方を学びなおします。ただ、座って寝るような時はネックピローのお世話になったほうがいいですよね。寝ちゃったら、わからないですから。

ほらっ、口を開けて寝てたり、頭がうなだれて隣の人に枝垂れかかったり(すみません、どれも私です!)、体の使い方からみると、どれも背骨を圧迫させています。

ですので、むち打ち症の人が首にコルセットをするのと同じような効果のあるネックピローを使えば、背骨に負担をかけずに眠ることができるというわけです。

 

はい、今回はネックピローなしで寝てしまったので、正直、首痛いです。背中もカチカチ。腰のあたりも怪しかった。

ただ(えっへん)対処の仕方を知っているので、昔のように、ひどくならずに羽田到着!あー、よかった。

今回のワークショップでも公開するディープストレッチを機内でやってきました。

無理やり体をひっぱるのではなく、体の方向性を思うことで、ゆっくりと深いところから、縮んだ筋肉を解放させて行くやり方です。これは、オフィスでもどこでもできるので、ワークショップにいらっしゃれない方達にも、近々何らかの形で公開したいなあ。

やっぱり動画かな。

 

 

 

東京ワークショップ 〜肩こり・腰痛を根本解決するための実践ワーク〜

治療をしても、エクササイズをやっても、マッサージを受けても解決しなかった痛みの根本的な原因に迫ります。私たちの多くは、無意識のうちに習慣の奴隷になっています。どんな習慣が、自分を痛めつけているのか。思考の癖、体の使い方の思い込みなど、心と体の関係を観察しながら、余計なことをやめる練習をしていきます。体の硬い人も楽々できる最も効果的なストレッチ法も初公開!

2018年4月7日(土)10:30 – 12:30

場所:渋谷おうちギャラリー 東京都渋谷区渋谷3-12-25
電話:090-6162-7278    参加費:5,000円
お申し込み:info@itsukojmasuda.com
*スペースに限りがありますので、お早めにお申し込みください。

生徒さんの声:●レッスンを受けて以来、カイロや病院に行く必要がなくなった。逸子とのレッスンでは、毎回新しい発見と感動がもたらされる(イボナ・リネイ/アーティスト)●手術するしかないと言われていた痛みがなくなった。もっと早く逸子に出会っていればお金も時間もセーブできただろう(ダナ・スミス/ 弁護士)●体も心も緊張状態だったことがわかり、解放できる様になったら、自分に自信が持てる様になり、仕事もうまくいきだした(ダリア・リアブチェンコ/ システムエンジニア)●体が軽くなり、演奏がもっと楽しくなり、ギターの音色も変わって来た(ジョッシュ・モンテ/ ミュージシャン)●痛みがなくなったおかげで自分のクリエイティビティが存分に発揮できる様になった気がする。モノの見方も変わった(スタンリー・シャオ / アーティスト)●エクササイズの正しいやり方を学んで、少ない努力でより多くの効果を得られる様になった(シルビア・ウォン/ エンジニア)●知らない間に積み上げられた習慣に気づくことができ、そこから解放される喜びを味わっている(ケンジ・クライン/ 大学教授)

レッスンのギフトカード

アレクサンダーテクニックの1時間プライベートレッスンを、大切な方にプレゼントしませんか?もちろん、自分へのプレゼントでも!

レッスンの場所は南カリフォルニアのロザンゼルス及びオレンジ・カウンティです。

通常70ドルのところ、12/23/17までにお申し込み/お支払いをいただきますと、50ドルの特別価格でお求めいただけます。レッスンの有効期限は6/30/18です。

アレクサンダーテクニックは、下記のような方たちのお手伝いができます。
ー肩こりや腰痛などの痛みがある方
ー姿勢をよくしたい方
ーストレスが多い方
ー仕事や遊びのパフォーマンスをもっとあげたい方
ー疲れ気味の方

 

特別ディスカウントレートでご購入される場合、ご利用される方一名様につき1カードのみとなります。ご質問がありましたら、ご遠慮なくご連絡ください。

お支払いはチェックを郵送いただくか、Paypal, Venmoでお願いします。お支払いが確認できましたら、シリアルナンバーの入ったギフトカードをメールに添付して送付します。