自分のより良い使い方集中プライベートレッスンー2017年12月6日/8日 in 東京

自分のより良い使い方プライベートレッスン
10枠限定*(一人2枠まで)新年を迎える前に、自分の身体、思考、感情の癖を洗い直して見ませんか?
学生から80代の方まで様々な人たちとワークをし、色々なケーススタディを持つマスダが、じっくりと一人一人と向き合い、問題解決のお手伝いをします。
*11/7現在、5枠になっております。

レッスンでは、下記の内容が含まれます。

1)身体の使い方診断
どのように自分の身体を使っているのか。人体構造から見て、あなたの身体の使い方は何を意味するのかを診断。

2)身体の使い方基本レッスン
部分ではなく、身体全体を使うことによって必要のないエネルギー消費を抑え、必要なところにパワーをもたらします。

3)アクティビティ
やりたいアクティビティを実際にやってみましょう。スピーチ、歩き、コンピュータ、演奏(楽器を持ってこれる方)、ヨガ、ジョギング、、、など。

4)ストレッチ
間違ったストレッチは、効果がないばかりが身体を痛める可能性があります。気軽に正しくできるストレッチを一緒にやりましょう。

5)フォローアップ*スカイプレッスン(30min.) x10(2018年3月中旬まで)
自分を客観的に観察する習慣をつけ、【気づきAwareness】を高めていくことで、身体的な感覚を再教育することができます。継続的なフォローアップを受け、新しい自分をどんどん発見していきましょう。

*2枠取られる方は、1枠目の復習をしながらmind, body, emotionの関係性についてのレッスンも行い、ストレスにどう対処するかを学びます。

 金額:
・プライベート (推奨)
1枠(2時間):20,000円           2枠(4時間):36,000円
・セミ・プライベート(2人)
1枠(2時間):18,000円x2     2枠(4時間):33,400円 x2

普段の価格はプライベートレッスン$70 (8000円)/h スカイプレッスン$40(4500円)/30min.ですので
61,000円→20,000円となり、約70%OFFで受けられる計算になります。

日時:
12月6日(水)
① 9:30-11:30 ② 11:45-1:45 ③ 2:00- 4:00 ④ 4:15- 6:15  7:00-9:00

12月8日(金)
9:00-11:00 ② 11:45-1:45 ③ 2:30- 4:30 ④ 5:00 7:00  ⑤ 7:15-9:15

場所:
渋谷おうちギャラリーB1 渋谷区渋谷3-12-25

 

お申し込み:info@itsukojmasuda.com

持続可能という意識

私の最近のお気に入りのブランドは、カリフォルニア生まれのAmour Vert 。フランス語でグリーン・ラブという意味です。

 

ネットでオーダーしたら、パッケージの中にメッセージ・カードが入っていました。

 

いつこ、ご注文ありがとう!ファッションを通して、私たちは一緒に世界をもう少しグリーンにできますね。

ハグ&キッス エリック

 

こんなことされちゃうと、もうコロッといってしまいますわ、私。

 

ファッション・アパレル産業は、石油産業につぎ二酸化炭素を排出する第2位の環境汚染産業なんだそうですよ。それを知ったAmour Vertの創設者、リンダ・バルティは、なんとかしなくてないけない!と思い、このブランドを立ち上げたのだそう。

 

『ファッションと社会的な責任は、両立できる。』

 

という彼らの思いは、ちゃんと商品に表れています。

 

腕を通すと、オーガニックの素材(普通は綿花を生産するのに大量の農薬が使われます)が優しく、肌から愛を感じます(笑)。

 

カラーは毒性のないもので染められ(後進国の川が染料で真っ青になっている写真を見たことがありますか?)、デザインはシンプルで流行に左右されにくいもの(流行遅れで着れなくなるということがない)ばかり。

 

そして、

 

「Tシャツ1枚お買い上げいただきますと、私たちは1本の木を植えます。」というお約束も。

 

Amour Vertの服を選ぶということは、まさに、一緒に地球を少しグリーンにすること。あー、もう私なんか単純だから、すぐにその気になります。

 

ファッションは好きだけど、本当にお気に入りのものが少しあればいい、という考えなので、Amour Vertは今の私にぴったりな感じです。

 

 

がんばって続いて欲しいな、こういうお店。

 

それに、こういう視点でビジネスに関われるというのは、生きていることに誇りを持てるでしょうね。

 

社会のシステムを変えようとしている。

 

意識を変えようとしている。

 

一人一人の意識によって、あっという間に社会は変わっていける。

 

「持続可能=サスティナビリティ」というのは、今後も大きなキーワードでしょう。無理がなく、喜びに溢れたもの。

 

それは、実は私たち自身の身体の使い方も全く同じです。

 

無理して胸をはったり、肩を引いたりして、いい姿勢を取ろうとしても「持続」しませんよね。

 

痛みもなく、ダラダラもせず、ピキンと頑張りすぎず、持続できる使い方こそが自分にもっともフィットした優しい使い方です。

 

シンプルなだけに、簡単ではありませんが。

 

意識を持つこと。まずはそこから。

Amour Vert: https://amourvert.com/

 

ダイヤモンドの山が買える人たち

私のカリフォルニアの生徒さんたちの中には、社会的に成功されている方たちが多くいます。

世界的に有名なIT企業の元副社長、聞けば誰でも知っているであろう法律事務所の弁護士、医者や大学教授、、、といった職業の方たち。

 

経済的には、私の想像をはるかに超えた額を稼いでいて、家を何軒も持ち、何台もの高級車に乗り、誰もが羨むような人たち。だけど、いつもストレスを抱え、身体に痛みがあり、それでもそれを乗り越えてトップに登りつめてきたというツワモノたちです。(そして、体調を崩して休業していたり、働く時間を制限している。)

 

「私はダイヤモンドの山が買えるくらいの資産を持っているけれど(どんだけ?)、ちっとも幸せじゃない。いつもなにかに追われて、身体はボロボロ」と最初のレッスンで自己紹介をしたジル(仮名)。

 

早口でまくし立て、自分の周りの人がどんなに”できないやつ”かを嘆き、そのせいでストレスがたまる毎日だと言っていました。

 

ジルが私のところに来た理由は「自分は怒っているわけじゃないのに、人には怒っていると思われてしまうので、ボイストレーニングを受けた方がいいと思った。それでアレクサンダーテクニックにたどり着いた」とのこと。

 

 

いやいやいやいやいや、、、

 

 

声の問題だけじゃないでしょ。話し方、身体の使い方、もっと言うと、思考や感情の癖まで見直さなければならないことは明らかでした。

 

 

でも、私のところへ来たということは、表面的なことを変えればいいという小手先のものは決して身にならないことを、ジルは本能的に知っていたからなんでしょうね。そのあたりは、さすがに勘どころがいいのかな。いや、待てよ。いろいろ試したあげくと言った方が正しいかも。

 

People do not decide their futures,
they decide their habits,
habits decide their futures.

将来を決めているのは彼らではない。
彼らは習慣を決め、
習慣が将来を決めているのだ。

F. M.アレクサンダーの言葉です。

 

ジルがもし「自分の使い方」を若い頃からちゃんと知っていたら、身体の痛みに苦しむことなく、もっと笑顔があって、プライベートライフも充実して、仕事でももっと活躍できた可能性は高いのです。

 

 

これまでの社会的な成功は力任せ。だから限界が来てしまった。

 

意識的に習慣の賢い選択をしていけば、無限の成功が私たちの前に広がります。

 

 

成功の尺度は、ダイヤモンドの山が買えるかどうかじゃない。

 

自分というユニークな逸材を使い切る。

 

それが私の考える”真の成功”です。

 

今回、東京特別体験会[あなたを真の成功に導く練習〜アレクサンダーテクニック〜]は、もっと社会に貢献したいと願っている方たち、成功の大小に関わらず幸せを求めているすべての方たちに来ていただきたい。あなたに知っていただきたいことがあります。

 

お申し込み・お問い合わせ:info@itsukojmasuda.com

東京特別体験会-final-1 web

 

 

チャレンジすることと無理をすることは違う

【オーハイ・カリフォルニア・リトリート/ヨガ】
IMG_7159昼間は真夏の日差しのオーハイも、朝はひんやり。

Fresh and Crisp! そんな言葉がぴったりの気持ちのいい空気の中、7:30から始まるヨガのクラスに、皆さん時差ぼけにもかかわらず元気に集まってきてくれました。

 

ヨガの先生であるRowanがクラスの最初に言ったことは

「ヨガはアーサナ(ポーズ)をとることではありません。呼吸とともに動く、それがヨガです。」

 

YES! 私が彼女にこのリトリートでヨガのクラスを信頼してお願いした理由は、まさにこれだったのです。

 

形にこだわり、正しさを求めてポーズを取りたがる姿勢にNOとしっかり言ってくれるヨギが必要だと思っていました。

 

なにを隠そう、彼女のパパは、アレクサンダーテクニックの世界では超有名なマスターティーチャーであるマイケル・フレデリック。当然のことながら、小さい頃から、アレクサンダーテクニックが生活の中にあり、物事を部分ではなく、全体で見る訓練ができている人なんですね。去年、私自身がリトリートを受けた時にもRowanがメディテーションのクラスを教えていたので、彼女なら間違いない、と知っていました。

 

身体が硬い人は特に、少しでもなんとか身体を曲げようとして、がんばります。
それはNOです。

 

がんばる必要はないんです。今の自分の状態を知って、その中で自分をよりよく使いながら、どこまでできるか、できるところまでチャレンジする。
「がんばろうと思ってなにがいけないの?」って思ってますか。

 

じゃあ、私からの質問は「なにに対してがんばろうとしている?」

 

前屈して手を床につけること?
無理やりがんばって、それをやろうとするとなにが起こりますか?
首に力が入り、背骨が曲がり、肩に力が入り、イテェ〜💦
(よくわかりますよ。私も身体がめっちゃ硬いんで 笑)

 

これをアレクサンダーはend-gainingと言って諌めています。目的に向かうプロセスを無視することで、目的地には到達できない、と言っています。プロセスこそがすべて。結果はついてくるもの。

 

無理をしない。それは、デザインされたように身体を使うことです。そして、呼吸と共に動けば、筋肉は効率よく伸縮して動きを助けてくれます。呼吸に意識をもつことは、過去や未来ではなく「今、ココ」に生きることにもつながっていきます。

 

その中で、どこまでできるか、少しずつチャレンジする。自分をトレーニンングしていく。そういった積み重ねが結果として美しいアーサナになっていくんですね。まさに、アレクサンダーの教えでもあります。

ヨガも本来は、心の静寂と平和に導く手段であり、エクササイズの要素はその一部でしかないのですから。

参加者からの声:

「朝、目覚めたばかりの体に優しいヨガで気持ち良かったです。」

「呼吸に集中するヨガだったので、あまり激しいポーズもなく良かったと思います。

身体に対する気づき(思った以上に固い、意思が身体に通じない、など)もありました。」

「ヨガしながらの呼吸法が良かったです。1時間がとても短く感じられました。」

「過去に一度体験したものよりも、姿勢もキツくなくて気持ちがよかったです。何より、呼吸に純粋に向き合うことに集中できてよかったです。」

IMG_7155

この仕事を始めてよかったな。

ひとりでも多くの方たちにアレクサンダー・テクニックの素晴らしさを知ってもらいたいと思い、7月8月は『はじめまして』無料レッスンを行ってきました。

「アレクサンダー・テクニックってなにか知りたくて」という理由で来てくださった方も多かったですが、中には「腰痛がひどくて」「歩くのも辛くて」「精神的にもパニックになりがち」と深刻な悩みを抱えて参加してくださった方もいらっしゃいました。

私自身がかなり大変な腰痛持ちだったこともあり、痛みに不安を抱いている人の気持ちはよくわかります。若い頃はなんとかごまかしてやってこれたものが、ある時「このまま一生痛みとともに生きていくのか」という不安がどっと押し寄せてきます。

なので、そういう方たちのお話を伺うと、他人事とは思えず、つい熱弁をふるってしまうんですよねえ。

「年齢のせいではなく、自分がやっている余計なことをやめれば、痛みからも解放されて、もっと自由に生きられる可能性があるんですよ!」

今週で5回目のレッスンを受講してくださったAさん。腰痛、歩行困難、めまい。。。とかなりの体調不良を訴えられていましたが、毎回、ご自身の気づきが増えていて「意識を持って動けるようになり、体調がかなり改善されたし、ゴルフまで調子がよくなった」と嬉しそうに報告される様子をみて、本当にこの仕事を始めてよかったな、と思いました。

アレクサンダー・テクニックを知ってすぐに教師になりたい、と思った理由が、まさにこれでした。私と同じように悩みや不安を抱えている人の助けになれる、と確信したからです。

ただ、アレクサンダー・テクニックは、プロセスをないがしろにする目標設定をよしとしませんから、すぐに結果がほしい人には向いていないかもしれません。

でも、ひとつひとつのプロセスにちゃんと向き合うことで、目標設定以上の結果までいつのまにか導かれてしまうことになります。そういった自分の力というか、もっと大きな力を信じることも大切なんですね。