海に放り出されたら、どうする?

3週間ぶりにレッスンにやってきたマリーは、日焼けした笑顔で、バケーションでの出来事を少し興奮したように話してくれました。

 

ダンナさんと一緒にカタリナ島までクルージングし、陸から少し離れたところにボートを停泊させ、そこからカヤックで一人、海の散歩に出かけたときのこと。

 

それまで静かだった海が、突然荒れ始め、マリーはカヤックごとひっくり返ってしまったのだそうだ。

 

そんな時、あなただったらどうしますか?

 

彼女が最初に思ったことは、なんと!

 

「首を自由にする (Think of neck to be free)」 だったと。

 

怖かったり、パニックに陥ると、人間だけに限りませんが、動物はみんな体を固めてしまうものです。そのことに気づいて、意識的に緊張を解放することで、冷静に次の行動に移れる。

これはアレクサンダーテクニックの基本ですから、何度も何度も私と学習してきたマリーは、本当に窮地に陥った時にも、この方法を活用することができたのです。

 

私は思わず、嬉しくてハグしてしまいました!

 

無事でよかったという思いより、どちらかというと、よくぞやった!という感激です(笑)。まあ、彼女は私の生徒さんの中でもレッスンを最も長く3年も続けている人ですからね。

 

自分の使い方をレッスンで学んで、一歩スタジオを出たら忘れてしまうのでは、本当のところ意味がない。日常生活で使えるようになるまで、何度も何度も意識する。それが無意識になるまで。彼女はそこまで到達している数少ない生徒です。

 

その後マリーは、カヤックを立て直して、停泊しているボートまで戻る間も、恐怖と孤独に負けないように、自分で掛け声をかけて漕いだのだそうです。

「イチニッ、イチニッ」じゃなくてね、

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

「肩の力を抜いて(Relax my shoulders)」

「首を自由に(Free my neck)」

「鎖骨、肩甲骨 (clavicles, scapulas)」

 

なんとユニークで、具体的な掛け声!👍👍👍👍👍👍

 

40分も漕ぎ続けたのに、余計な体力を消耗せずに辿りつけた!と誇らしげに報告してくれました。

 

ここだけの話だけど、マリーは60歳を過ぎているんですよ。でも、すごくアクティブ。週に2回ウェイトトレーニングとヨガ、週に1回アレクサンダーテクニックをやり、週末はダンナさんとボートで海に繰り出したり、女友達と旅行に行ったり。

 

歳を重ねても元気で美しくいるのって、そういった自分の心身のメンテナンスを欠かさないってことだなあ、とつくづく。

 

いやあ、あっぱれ、マリー。

東京ワークショップ 〜肩こり・腰痛を根本解決するための実践ワーク〜

治療をしても、エクササイズをやっても、マッサージを受けても解決しなかった痛みの根本的な原因に迫ります。私たちの多くは、無意識のうちに習慣の奴隷になっています。どんな習慣が、自分を痛めつけているのか。思考の癖、体の使い方の思い込みなど、心と体の関係を観察しながら、余計なことをやめる練習をしていきます。体の硬い人も楽々できる最も効果的なストレッチ法も初公開!

2018年4月7日(土)10:30 – 12:30

場所:渋谷おうちギャラリー 東京都渋谷区渋谷3-12-25
電話:090-6162-7278    参加費:5,000円
お申し込み:info@itsukojmasuda.com
*スペースに限りがありますので、お早めにお申し込みください。

生徒さんの声:●レッスンを受けて以来、カイロや病院に行く必要がなくなった。逸子とのレッスンでは、毎回新しい発見と感動がもたらされる(イボナ・リネイ/アーティスト)●手術するしかないと言われていた痛みがなくなった。もっと早く逸子に出会っていればお金も時間もセーブできただろう(ダナ・スミス/ 弁護士)●体も心も緊張状態だったことがわかり、解放できる様になったら、自分に自信が持てる様になり、仕事もうまくいきだした(ダリア・リアブチェンコ/ システムエンジニア)●体が軽くなり、演奏がもっと楽しくなり、ギターの音色も変わって来た(ジョッシュ・モンテ/ ミュージシャン)●痛みがなくなったおかげで自分のクリエイティビティが存分に発揮できる様になった気がする。モノの見方も変わった(スタンリー・シャオ / アーティスト)●エクササイズの正しいやり方を学んで、少ない努力でより多くの効果を得られる様になった(シルビア・ウォン/ エンジニア)●知らない間に積み上げられた習慣に気づくことができ、そこから解放される喜びを味わっている(ケンジ・クライン/ 大学教授)

自分のより良い使い方集中プライベートレッスンー2017年12月6日/8日 in 東京

自分のより良い使い方プライベートレッスン
10枠限定*(一人2枠まで)新年を迎える前に、自分の身体、思考、感情の癖を洗い直して見ませんか?
学生から80代の方まで様々な人たちとワークをし、色々なケーススタディを持つマスダが、じっくりと一人一人と向き合い、問題解決のお手伝いをします。
*11/7現在、5枠になっております。

レッスンでは、下記の内容が含まれます。

1)身体の使い方診断
どのように自分の身体を使っているのか。人体構造から見て、あなたの身体の使い方は何を意味するのかを診断。

2)身体の使い方基本レッスン
部分ではなく、身体全体を使うことによって必要のないエネルギー消費を抑え、必要なところにパワーをもたらします。

3)アクティビティ
やりたいアクティビティを実際にやってみましょう。スピーチ、歩き、コンピュータ、演奏(楽器を持ってこれる方)、ヨガ、ジョギング、、、など。

4)ストレッチ
間違ったストレッチは、効果がないばかりが身体を痛める可能性があります。気軽に正しくできるストレッチを一緒にやりましょう。

5)フォローアップ*スカイプレッスン(30min.) x10(2018年3月中旬まで)
自分を客観的に観察する習慣をつけ、【気づきAwareness】を高めていくことで、身体的な感覚を再教育することができます。継続的なフォローアップを受け、新しい自分をどんどん発見していきましょう。

*2枠取られる方は、1枠目の復習をしながらmind, body, emotionの関係性についてのレッスンも行い、ストレスにどう対処するかを学びます。

 金額:
・プライベート (推奨)
1枠(2時間):20,000円           2枠(4時間):36,000円
・セミ・プライベート(2人)
1枠(2時間):18,000円x2     2枠(4時間):33,400円 x2

普段の価格はプライベートレッスン$70 (8000円)/h スカイプレッスン$40(4500円)/30min.ですので
61,000円→20,000円となり、約70%OFFで受けられる計算になります。

日時:
12月6日(水)
① 9:30-11:30 ② 11:45-1:45 ③ 2:00- 4:00 ④ 4:15- 6:15  7:00-9:00

12月8日(金)
9:00-11:00 ② 11:45-1:45 ③ 2:30- 4:30 ④ 5:00 7:00  ⑤ 7:15-9:15

場所:
渋谷おうちギャラリーB1 渋谷区渋谷3-12-25

 

お申し込み:info@itsukojmasuda.com

え。もう2018年!

日本ではこれから夏休み、夏本番というところでしょうが、カリフォルニアでは、学校が5月下旬に終わってしまうところが多いので、今はすでに夏の後半戦という感じなのです。

 

そして、8月下旬から9月の頭にかけて新年度が始まるため、カレンダーや手帳もこの時期が買い替えの時期。私も昨日、毎年使っている手帳を買いに行きました。はい、めっちゃアナログです(笑)。

 

スマートフォンでスケジュール管理できるのは憧れだけど、手書きすることで頭の中に入っていくような気がして〜。

 

こうやって化石化していくのかな、私。

 

これではいかん!と思って、グーグルカレンダーにも入れたりしていますけど、入れたり入れなかったりだから、信頼できない。信頼できないスケジュール帳じゃ役に立たないよね(笑)。

 

アナログだとちょっとしたメモ書きというのも気楽にできる。(書いたところを忘れるという欠点はありますが。。。)

 

ただ、どこにでも持って歩くので、バッグも大きくなってしまうところがタマニキズです。

 

そして、このピンクのペン!!!

 

日本の人たちならみーんな知っていると思うけど、消せるボールペンです。Pilotから出ているFrixion。コレ、すごく便利でお気に入りなのです。鉛筆だと消せるけどなんか汚れちゃうでしょ。ボールペンなら汚れなーい!

 

2018年度の手帳、どんな風に埋まっていくんだろう。

 

良い毎日を書き込みますよ。

 

書き込めますように!ではなくて、「書き込みます」です。なぜなら、そう決まっているから。

 

 

うまく行かない日も、良い日につづく良い日だから(^_−)−☆

 

それは、ちょうどアレクサンダーテクニックで言うところの、「習慣に任せるのではなく、選択をして、新しいディレクションを与える」と同じプロセス。

 

それでもって、そのプロセスの先にある、まだ見ぬ世界が楽しみ😎。

 

P.S. 今、調べて見たら、Frixionはアメリカでも手に入るではないの!なーんだ。毎回日本で替え芯買ってきてました😱😱😱消えるマーカーもある!欲しいっ!!!https://www.amazon.com/dp/B00F9MYPCS/ref=cm_sw_r_cp_dp_T1_oDVCzb8S3S1JS

コミュニケーションのゆくえ

images

コミュニケーションをとるのに必要なのは言葉ですが、言葉だけではなく、トーン(調子)やボディ・ランゲージもとても重要な役割を果たしています。

「なんだって?」

上の言葉を声に出して言ってみてください。

どんなトーンで言いましたか?

怒った調子?笑いながら?驚いたように?

トーンによって、同じ言葉でも相手の反応は変わってきますよね。だから、現代のようなテキスト文化では、絵文字がトーンの代わりとして大活躍です。

よく、ティーンエイジャーの息子に「オカンのテキストはコワイわ。怒っている感じがする」と言われます。

たとえば

What time are you coming home? (何時に帰ってくるの?)

私はまったく怒ってなくて、夜中12時過ぎても帰ってこない息子に送った単なる質問メッセージだったのですが、どうもビビったらしい。

 

 

う〜む。

よっぽど普段からオカンはコワイと思っているか、

あるいは、

 

自分にやましいところがあって怒られていると想定しているか

 

の、どちらかですよね(笑)

私から送ったメッセージ

What time are you coming home? 😊😴😊

 

息子が受け取ったメッセージ
What time are you coming home? 😡😤😡

 

 

同じ言葉のなのに、このトーンの違いで、受け取る人の脳からいろいろな化学物質が発せられて、身体にも変化が起こります。筋肉が緊張したり、ゆるやかになったり。

 

聞く耳を持つか持たないかは、受け取る方の問題ですが、聞く耳を持たせるか持たせないかは、発する方が考えることですね。

 

家族間なら、大げんかになったところで、大抵は大したことありませんが、ビジネスとなると、最終的に動くお金の額まで変わってきます。

 

人に話を聞いてほしいのであれば、なにか伝えたいのであれば、自分がどんなトーンで話したらいいかわかりますよね?

 

ボディ・ランゲージはもっと複雑です。潜在意識に関わってきます。気付かないうちに何気なくやっているポーズが、自分の印象を変えてしまいます。

 

この”気付かないうち”というのが、潜在意識のしわざですが、何度も何度も同じようなことを気付かずにやっている、これが習慣です。

 

アメリカは日本以上に競争社会ですし、移民の国ということもあるのでしょうか、ビジネスの世界でも、人とのコミュニケーションの仕方を積極的に学ぶ人が多いようです。

 

まずは、自分がなにをしているのか【観察】してみましょう。それがどんなメッセージを持っているのか。東京特別体験会のワークショップでお話しします。さらに、参加者の皆さんと”成功者”の身体の使い方を実験していきます。お楽しみに!

********

 

[あなたを真の成功に導く練習〜アレクサンダーテクニック]
東京特別体験会
7月2日(日)10:30-13:30
7月7日(金)18:30-21:30
各日とも15名限定です。

 

お申し込み、お問い合わせ:info@itsukojmasuda.com
website: http://itsukojmasuda.com/2017/05/24/gokantabi-tokyo-1/
東京特別体験会 final-4S