銃と無関心、どちらが怖い?

昨日投稿した、ちょっといい話に、「日本だったらどうだろう」とFacebookでコメントしてくれた友達が何人かいたので、この春、日本に帰った時のちょっと悲しいお話を今日はします。

桜が美しい季節に帰った私は、初めて花粉症のような症状が出ました。今までは「花粉症って大変ね〜」とは言いつつも、そんなに大変とは思ってなかったんですよねえ。

ところが、自分がいざなってみると、喉から胸にかけて呼吸器官がキューっと狭まって息ができなくなった。目も鼻も開いてられない状態。パニックを起こしそうになる自分に、アレクサンダーテクニックを適用する。体を縮めるのではなく、緩める、と言い聞かせて。

たまたま近くにあった薬局に飛び込み、薬をその場で服用。なんとか収まったものの、数日後、今度はバスの中で突然呼吸困難に陥り、苦しくて倒れたことがありました。

 

でも、バスの中の人は誰一人声をかけてくれなかったし、運転手に至っては「終点で車庫に行きますがいいですか?」とシルバーシートでうずくまっている私に聞いてきた。

 

「オメー、私が苦しんでいるのが見えねぇのかー?回し蹴りの刑だぁ!」と心の中で思う余裕もなく、転げるようにして下車しました。京王バスです!プンッ!

そして降りてすぐのところにある自動販売機の下にうずくまっていたけれど、その時もだーれも、声をかけてくれる人はいませんでした。何人かは、自販機で飲み物を買っていましたけどね。。。

 

これはショックでしたねー。我が母国、日本の皆さま。私はヤバイ人に見えましたか?関わりたくないような危ない人に見えましたか?

 

よく「アメリカは銃社会だから怖いよねー」と言われますけど、銃で犯罪を犯す人は、人口の1%もいないんですよ。

 

大半は困っている人がいたら、手を差し伸べる人たちです。

 

大半の国民が、他人に無関心の国の方が、怖くないですか?

 

今、自分の友人たちの顔を思い浮かべて見た。一人残らず、間違いなく、手を差し伸べる人たちだ。よかった。

 

 

きっとあなたも。